【動画でもご覧になって頂けます】



先ずは当たり前ですが糸を用意します。



針の穴に糸を通して、糸と糸の最後は結んでしまっておきます。



そして4つ穴ボタンの2つの穴を通して後ろ側で糸を通してボタンを付ける体制に入ります。


【出来上がりのイメージはこんな感じ】



通常はクロスに止めるのですが、今回は鳥の足のように。つまり雪の上に鳥が走っていった時の
足跡のように、一点を中心として3本の指が伸びていくようにして止めます。

白蝶貝などのオプションボタンをセレクトして頂けるとこの止め方ができるのですが、簡単ですので、
ご家庭でもどうぞ。実はクロス掛けよりも簡単だったりする。



人によっては止め方と申しますかボタンの付け方でも違う方がいらっしゃると思いますが、
先ずはクロス掛けで付けるように中心を。ここまではどんなボタンでも多分手順は一緒だと思います。



このようにシャツにしっかりと止めます。続いて。



クロス掛けと同じようにこの位置から糸を出します。続いて反対側にクロスに渡すのではなく。



最初のこの位置に糸を戻してボタンホールに糸を入れていきます。



今度はあと1箇所通ってない所に糸を通していきます。



もう一度この糸を最初のボタン穴に戻します。戻したこの穴が拠点になるわけです。



ここで、そのまま裏に針を通すわけではなく、一旦ボタンと布との間に針をもってきて。



ボタンと布との間に一回転糸を回して根回しを致します。これによってしっかりとボタンが止まります。



更に糸を強く引けば出来上がり。



ここで針を再度裏側にもってきまして、玉結びをしてしっかりと止めます。
最後の糸は私の場合は再度表に返して切ってしまえば出来上がり。簡単でしょ?



何故にこのような止め方をするか?写真の貝ボタンは2ミリ厚の薄いものですから、
この止め方にしなくても大丈夫だと思いますが、4ミリくらいの厚さのあるボタンはやはり止めにくいのです。
写真のように、鳥足掛けにしますと、ボタンの中心がクロス掛けのような真ん中にくるのではなく、
少しずれます。ですからボタンが浮きやすくなり厚いボタンでもクロス掛けにするよりは止めやすくなるのです。

見栄えも違いますし、しかも止めやすくもなります。是非お試し頂ければと思います。
特に色糸でボタンを付けた時などはアクセントになりますので、ボタンの付け方一つで洒落たシャツに。


当店ではオプションと申しますか、貝ボタンをセレクトして頂きますと、機械ではボタンが付けられません。
当然手付けとなりますので、クロス掛けとこの鳥足掛けとを選んで頂けれるようになっております。